有馬温泉|旅館|日本|温泉|貸切風呂|ホテル|ねぎや|ねぎや陵楓閣|金泉|神戸市|くつろぎ|日帰り|日帰りランチ

縁が結ばれる禰宜の宿

ねぎ」は漢字で「禰宜」と書き、その昔、神職の方々がお泊りになられた湯宿と伝えられています。元文2年(1737)の「摂州有馬細見図独案内」にもその名前が認められますが、宿の歴史はさらに古く、江戸初期から有馬の地で旅館業を営んできたと思われます。創業時は現在の「金の湯」のすぐ近くに位置していましたが、昭和35年(1960)に自然に囲まれた現在の地へと移り、昭和、平成を通じて多くの  お客様をお迎えしてきました。

時を楽しむノスタルジックな空間

森に囲まれたねぎやは、「有馬のはなれ」と言うにふさわしい落ち着きの中にあります。手に届きそうな距離で周りを囲み木々は、季節ごとに色を変えるだけではなく、朝夕で違う表情に。露天風呂付客室をはじめ楓の木々を臨む和室やモダンな和洋室など自然を感じる客室で静かなひと時を。

600万年前の海と大地の恵み

古くから名湯として知られ、「温泉番付」で西の最高位と 位置づけられてきた有馬温泉。約600万年前の海水が、 大地の養分と溶け合いながら地表に湧き出して泉源とな ります。海の塩を含む赤褐色の金泉を心ゆくまでご堪能ください。

日本の味覚を再発見する喜び

神戸中央卸売市場より館主が仕入れたその時々の美味しいお魚とお野菜を中心とした会席料理をお部屋にてご用意しております。御朝食は朝にうれしい活力の出る和定食を楓の美しい会場で。季節の移ろいを感じていただけるお献立をお楽しみください。

新着情報

今日のねぎや

ご予約はこちら